鼻 ニキビ

ニキビの予防には皮膚の健康を保つ皮脂の洗い過ぎに注意が必要です

鼻にできてしまったニキビはとても目立って嫌なものです。それに痛かったりするのでとても厄介ですよね。

 

そんな鼻ニキビを治すために一生懸命に洗顔をされている方も多い事でしょう。鼻を含むTゾーンは皮脂が出易い場所ですし、過剰な皮脂は毛穴を塞いでニキビの原因になりますので、きちんと洗う事はとても大切な事です。

 

ただ、洗い過ぎになっているようだと却って良くありません。その理由は、洗い過ぎることで皮脂が沢山分泌されるようになってしまうからです。

 

そもそも皮脂というのは肌を守る働きがある分泌物で、決して肌トラブルの原因になる厄介な存在という訳ではありません。皮膚の健康を保っていくためにとても大切な存在なのですが、その大切な存在である皮脂を奪い過ぎてしまうと、今度は逆に肌を守る為に皮脂が出やすくなってしまうのです。

 

しっかりと洗うと皮脂が消えてスッキリするかもしれませんが、しかしながらその状態は却って肌に良くないことなのです。そういう理由から、洗い過ぎには気を付ける必要があるわけです。

 

そして洗顔をした後にはきちんと保湿を行うようにしましょう。洗顔後は潤い不足の状態になっていますが、潤いが足りない状態も皮脂が出易くなりますので、十分に保湿をしてあげることが大切です。

角質の過角化につながる紫外線はお肌の大敵です!

鼻ニキビの原因はその他にも色々あるのですが、代表的なのが紫外線です。紫外線は何かと肌へのダメージになるのですが、その紫外線によってニキビができてしまう事があります。

 

紫外線を浴びると肌を守ろうとする機能が働くのですが、その際に肌の過角化が進行する事があります。

 

これは肌を外的な刺激から守る為に角質を厚くしようという働きですが、角質が厚くなる事によって毛穴の詰まりを発生させ易くし、それによってニキビができやすくなるのです。特に高さのある鼻は紫外線の影響を受けてダメージを負いやすい部分でもあります。保湿をしたりUVカットをするなどして、肌をガードしてあげる事が大切なのです。

 

過角化を招く原因はその他にもありますが、まず乱れた食事内容です。バランスの悪い食事だったりすると肌のターンオーバーが乱れてしまいますが、それによって古い角質が残ってしまい表皮が厚くなってしまいます。さらに栄養バランスの悪い食事は皮脂の分泌量を増やすなどの問題もありますので、バランスの良い食事を意識するようにしなければいけません。

 

その他にも睡眠不足やストレスなども原因になりますが、基本的にはしっかりと生活習慣を整えていく事が大切です。心当たりのある方は、ご自分の普段の生活習慣を振り返ってみて、乱れがあるようなら整えていくようにしましょう。

常に洗顔などで清潔な状態にしていても、いつのまにかニキビができたということは皆に経験があることはずです。吹き出物ができないようにするには、顔を洗って清潔を心がけるのは最低限ですが、栄養をしっかり摂って夜はよく寝るといった体調管理も大事なことでしょう。このごろ、ニキビを重曹でケアできるという話をよく聞きます。重曹は弱アルカリ性で、油分を分解する性質があるため、洗顔料に重曹を加えて洗顔することで、毛穴汚れや角質のお手入れができ、ニキビを改善してくれる可能性があるというのです。ただし、重曹には研磨効果もあるので、洗顔に使用すると肌にダメージを与える恐れもあるため、試してみる際には、十分に気を付けてください。にきびが出来た後によくあるトラブルが、クレーターのような肌のくぼみや肌の黒ずみといったトラブルです。クレーターの悩みは専門の医療機関である皮膚科で診察を受けないと解決しませんが、黒ずみについては美白効果のある化粧品で少しずつ薄くする事ができるのです。ニキビをできにくくする飲み物は、耳にしたことがありません。ただ、いえることは、強い炭酸飲料や辛い飲み物などは、肌を刺激してしまうので、あまり飲まない方が安心です。ニキビと肌荒れは別ですが、肌にいけない事をすると、ニキビを作る原因にもなりかねないのです。ニキビを搾ると、そこから膿が出ます。さらに潰してしまうと芯が出てきます。それがニキビの原因なのですが、潰して芯を無理に取り除くのはオススメできる方法ではございません。無理に潰すことになる訳ですから、より炎症が広がります。ニキビ跡として残ってしまう恐れもあるので薬をつけて気長に治していきましょう。